デキる企業が続々初めてる HTT 電力をつくるへらすためるデキる企業が続々初めてる HTT 電力をつくるへらすためる(スマホ用イメージ)

お知らせ

HTTについて

HTTって何?

東京都は、気候危機への対応だけでなく、中長期的にエネルギーの安定確保につなげる観点から取組を強化・加速してまいります。
そのための節電の取組として“HTT”~電力を<Ⓗ減らす・Ⓣ創る・Ⓣ蓄める>~をキーワードに、都民・事業者の皆さまと共に、総力戦で取り組んでいく必要があります。
本事業では、事業者の皆さまへ向けて「Tokyo Warm Home & Biz」としてHTT推進のための様々な取組や支援策を紹介します。

なぜHTTが必要なの?

ウクライナ・ロシア情勢を契機とした世界的なエネルギー不足や価格高騰、脱炭素社会の実現へ向けた対応など、エネルギーを取り巻く課題は待ったなしの状況です。
それらの課題に対応するためには、事業活動における節電・省エネ等の取組を通じて、エネルギーの効率的利用や安定確保を実現することが重要です。

これからHTTに取組たい企業様へ向けて、
HTT実践推進ナビゲーターが訪問アドバイスを行います。

Action!企業ができること

H

電力を
へらす

  • 高効率な生産設備や空調・換気設備を導入したい
  • VOC排出削減のための省エネ機器を導入したい
  • 省エネ診断を受診して光熱水費の削減に取組たい

T

電力を
つくる

  • 事業所や工場などの屋上スペースに太陽光発電等を設置したい
  • 都外から再エネ電気を調達する手法に取組たい
  • グリーン水素を活用する設備を設置したい
  • 業務・産業用燃料電池を設置したい

T

電力を
ためる

  • 事業所や工場などに蓄電池を設置したい
  • 車をZEV(EV・PHV・FCV)に更新して、いざというとき電気を使いたい
  • EV・PHV・FCVから電気を取り出す外部給電器を導入したい
  • EVからビル等へ電気を放電できるV2Bを設置したい

※VOC(揮発性有機化合物):有機溶剤などに含まれる有機化合物という化学物質の総称

※グリーン水素:再生可能エネルギー由来の電力で、水を電気分解して製造した水素

※業務・産業用燃料電池:水素と空気中の酸素を反応させ、直接電気へ変換して発電するシステム

※ZEV:走行時に二酸化炭素等の排出ガスを出さない自動車(Zero Emission Vehicle)

 EV(電気自動車)、PHV(プラグインハイブリッド自動車)、FCV(燃料電池自動車)のこと(PHVはEVモードによる走行時)

セミナー

「HTTって何?」「どのような取組をやっているの?」といった疑問をお持ちの方は是非ご参加いただき、 HTTへの理解を深めてください。

準備中です。
情報の公開まで今しばらくお待ち下さい。

ご相談・お問い合わせ

HTT実践推進ナビゲーター事業 運営事務局

電話アイコン

お電話によるお問い合わせ
03-6633-3615
(受付時間:平日9:30~17:00)

HTT実践推進ナビゲーター事業は、東京都より株式会社パソナが受託し運営しております。

All Rights Reserved.Copyright © 2023 TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT and Pasona Inc.